有吉、出川の言葉で「ヒルナンデス!」卒業決意 「全てのパンケーキ、全てのタピオカ知りました」

[ 2019年9月23日 17:04 ]

有吉弘行
Photo By スポニチ

 お笑いタレントの有吉弘行(45)が22日、パーソナリティーを務めるJFN「有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER」(日曜後8・00)に出演。9月いっぱいで日本テレビ「ヒルナンデス!」(月~金曜前11・55)を卒業する理由は、出川哲朗(55)からの言葉がきっかけだったと明かした。

 有吉は番組がスタートした2011年4月から約8年半、金曜レギュラーを担当し、20日の同番組内で卒業を発表した。「ヒルナンデスを辞めるんですよ」と切り出し、同局「DON!」やフジテレビ「笑っていいとも!」に出演していた期間も含めて、「昼の金曜日10年、もういいでしょってことで」と心境を告白した。

 1年ほど前に出川と会話した際のやりとりを振り返り、「出川さんが『明日、有吉何?』って言うから、明日ヒルナンデスですって言ったら『オマエまだ出てんの』って言う。ずっと出ているから見ろよって言ったら、『もういいだろう、ヒルナンデス』って…」。同番組の司会を務める南原清隆(54)と出川が専門学校の同級生だったことも決め手の一つになったそう。「南原さんと同級生の出川さんが『有吉もういいだろ』って言うから、『そう?』って言って、1年前ぐらいにそろそろ卒業させてもらっていいですかってお願いしたんだ。出川さんもこう言ってますしって」と語った。

 「ヒルナンデス!」でパンケーキやタピオカを取り上げたことにも触れ、「全てのパンケーキと、全てのタピオカは、もう私は知りましたので、そろそろ卒業させていただきます」と話し、笑わせた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年9月23日のニュース