水卜アナ 42・195キロ完走も「最高に楽しかった」と満面の笑み 次は「総合司会頑張ります」

[ 2019年8月25日 14:32 ]

日本テレビ「24時間テレビ」の24時間駅伝のチャリティーランナーとしての意気込みを語った水卜麻美アナウンサー
Photo By スポニチ

 日本テレビ「24時間テレビ42」(24日後6・30~25日後8・54)で4人のランナーがたすきをつないで行う24時間駅伝で、第3走者を務めた同局の水卜麻美アナウンサー(32)が25日、42・195キロのフルマラソンを走り切り、第4走者のいとうあさこ(49)にたすきをつないだ。

 第2走のガンバレルーヤ・よしこ(28)からたすきを受け取り、感極まって涙する瞬間もあった水卜アナ。スタートから快調に飛ばし、沿道の声援にも手を振りながら「ありがとう」と応え、笑顔を振りまき、6時間09分48秒で見事42・195キロのフルマラソンを走り切った。

 見事走り終えた水卜アナは「最高に楽しかったです」と満面の笑み。この言葉には、1走のハリセンボン・近藤春菜(36)、2走のよしこら見守ったメンバーからも「凄い人だ!」と感嘆の声が上がった。

 水卜アナは「『人と人』のテーマをこんなに感じられるのがこの駅伝なんだなと思って」としみじみ。「沿道の人もメッセージくれた人もみんなそうなんですけど、みんな24時間テレビを見ていてくれていて、チャリティーシャツを着てくれていたりして、今、何キロぐらいだよ!って応援してくれていて、その人たちの顔を近くで見られたのが本当に嬉しかった。本当にありがとうございました」と笑顔をはじけさせた。

 「ヒルナンデス」で共演していた南原清隆(54)から「水卜ちゃんみたいな、アナウンサーの人はなかなかこうやって人と触れ合うことができないって本人から聞いたことがある。今回、すごくエネルギーをもらったと思います。そのエネルギーをもって両国(国技館)に来てください!お疲れさまでした」と声を掛けられると、水卜アナは「続いては、総合司会頑張ります!」と力強くガッツポーズを見せた。

 水卜アナは同番組で総合司会を担当しており、シークレットとされていた4人目の走者であることが24日に同番組で発表された。総合司会でランナーとして走るのは史上初で、社員としても初の挑戦となる。

 24日午後8時29分に1走のハリセンボン・近藤春菜(36)がスタート。5時間41分で2走のよしこにたすきをつないだ。5時間58分のタイムで完走した第2走のよしこも受け継いだ水卜アナもフルマラソンを完走。続く、4走のいとうがゴールの両国国技館を目指す。当初は4人がそれぞれフルマラソンの42・195キロを走る予定だったが、ケガのリスクなどを鑑みて18日に距離の変更が発表され、よしこと春菜は10キロ短縮した32・195キロとなった。

 今年のチャリティーマラソンは「人と人~ともに新たな時代へ~」のテーマに沿い、4人がたすきをつないで走る駅伝方式で行われる。毎年恒例の日本武道館が20年の東京五輪・パラリンピックへ向けた改修工事のため、初めて東京・両国国技館のゴールを目指す。今年のメーンパーソナリティーは「嵐」が6年ぶり史上最多5回目の大役を務める。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年8月25日のニュース