水卜アナ いよいよフルマラソンスタート よしこからのたすきリレーでは思わず涙も「24時間駅伝」

[ 2019年8月25日 08:18 ]

日本テレビ「24時間テレビ」の24時間駅伝のチャリティーランナーとしての意気込みを語った水卜麻美アナウンサー
Photo By スポニチ

 日本テレビ「24時間テレビ42」(24日後6・30~25日後8・54)で4人のランナーがたすきをつないで行う24時間駅伝で、第3走者として同局の水卜麻美アナウンサー(32)が25日8時すぎにスタートした。

 「タスキリレーポイント」では、第2走のガンバレルーヤ・よしこ(28)を笑顔で両手を振って迎えた水卜アナ。たすきを渡され、よしこと抱き合い、感極まって涙する場面も。笑顔で手を振りながらスタートを切った。

 メーン会場の両国国技館からメーンパーソナリティーの「嵐」松本潤(35)からも「水卜ちゃん、頑張れ!」と声援が送られた。

 水卜アナは同番組で総合司会を担当しており、シークレットとされていた4人目の走者であることが24日に同番組で発表された。総合司会でランナーとして走るのは史上初で、社員としても初の挑戦となる。「24時間テレビを見ているか方が、番組に関わっているすべての方が感謝を伝えたい」との「決意と感謝」のスタートを切った。水卜アナは4人の中で最も早くチャリティーランナーを務めることが決まっていたといい、6月から極秘で練習してきた。走行した距離は計265キロ。2、3日に1回は必ず走ってきた。筋トレは毎日行っており、その積み重ねから自信も少しずつ生まれている。

 24日午後8時29分に1走のハリセンボン・近藤春菜(36)がスタート。2走のよしこからたすきを受け継いだ。水卜アナからたすきを受ける4走のいとうあさこ(49)が両国国技館のゴールを目指す。当初は4人がそれぞれフルマラソンの42・195キロを走る予定だったが、ケガのリスクなどを鑑みて18日に距離の変更が発表され、よしこと春菜は10キロ短縮した32・195キロとなった。

 今年のチャリティーマラソンは「人と人~ともに新たな時代へ~」のテーマに沿い、4人がたすきをつないで走る駅伝方式で行われる。毎年恒例の日本武道館が20年の東京五輪・パラリンピックへ向けた改修工事のため、初めて東京・両国国技館のゴールを目指す。

 今年のメーンパーソナリティーは「嵐」が6年ぶり史上最多5回目の大役を務める。

 【日テレ「24時間テレビ」歴代マラソンランナー】

(92年)間寛平 (93年)間寛平 (94年)ダチョウ倶楽部 (95年)間寛平 (96年)赤井英和 (97年)山口達也 (98年)森田剛 (99年)にしきのあきら (00年)トミーズ雅 (01年)研ナオコ (02年)西村知美 (03年)山田花子 (04年)杉田かおる (05年)丸山和也 (06年)アンガールズ (07年)萩本欽一 (08年)エド・はるみ (09年)イモトアヤコ (10年)はるな愛 (11年)徳光和夫 (12年)佐々木健介ファミリー (13年)大島美幸 (14年)城島茂 (15年)DAIGO (16年)林家たい平 (17年)ブルゾンちえみ (18年)「ANZEN漫才」みやぞん

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年8月25日のニュース