加護亜依 所属事務所との契約解除…中野尚美氏「どうしても合意できない点」「苦渋の決断」

[ 2019年8月25日 12:40 ]

加護亜依
Photo By スポニチ

 元「モーニング娘。」でタレントの加護亜依(31)が24日付で所属事務所とのマネジメント提携契約を解除されたことが分かった。自転車競技の元世界王者・中野浩一氏(63)の妻で、タレントのNAOMIこと株式会社アルカンシェル代表・中野尚美氏(55)が25日、自身のブログで発表した。

 「約3ヶ月程前から弊社(株)アルカンシェルと加護亜依はマネージメント提携契約上、弊社としてはどうしても合意できない点があり、話し合いを重ねて参りました。結果、マネージメント提携契約を昨日24日付で『契約解除』いたしましたことをご報告させていただきます」

 中野夫妻は加護と親交が深く、尚美氏は“娘”と呼んでいた。2016年1月、フリーだった加護と契約。「かれこれ弊社が窓口になり、約4年の間にどうにか加護亜依を以前いた場所に少しは戻せたかな?と思っております。そして今回、手を離すことにいたしました。苦渋の決断でした。今後は女性として母として『人間力、社会性』を更に学び、大人としての成長を切に願っております」と“娘”への思いを吐露。「ファンの集い」後の2ショットを披露し「プライベートでは、変わらず見守って参ります」とした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年8月25日のニュース