藤井七段17歳初白星 開幕3連勝堅首「一局一局が大事」

[ 2019年8月7日 05:30 ]

順位戦開幕3連連勝の藤井聡太七段(撮影・我満 晴朗)
Photo By スポニチ

 将棋の藤井聡太七段(17)は6日、東京都渋谷区の将棋会館で行われた名人戦順位戦C級1組3回戦で金井恒太六段(33)を下した。同組開幕3連勝。同成績の棋士は複数いるが、昨期成績(3位)に基づく順位点により首位の座はキープした。

 先月19日に17回目の誕生日を迎えて以来、2局目で初勝利を飾った藤井だが、終局後は「(中盤で)間違えてしまい、自信のない戦いが続いた気がする」「(終盤は)厳しい手を指され、負けにしたかと思った」とひたすら反省の弁。順位戦3連勝については「一局一局が大事。全力を尽くして指したい」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年8月7日のニュース