玉置浩二 ツアー初日「体調不良により」途中で公演中止に

[ 2019年8月7日 12:27 ]

玉置浩二
Photo By スポニチ

 ロックバンド「安全地帯」のボーカルで、シンガーソングライターの玉置浩二(60)が6日に行った「玉置浩二 CONCERT TOUR 2019~LA VIE~」初日の東京・オリンパスホール公演を体調不良により中断し、途中で終了させたことが7日、公式サイトで報告された。

 サイトでは「8月6日(火)オリンパスホール八王子公演に関してご案内」と声明を発表。「公演の開演時に玉置浩二本人、及び主催者から説明がございましたように、体調不良により公演を中断し、終了させていただきました」と報告し、「今後の振替公演や払い戻しに関するインフォメーションは決定次第、本ホームページで発表させていただきますのでお手元にチケットを保管の上、お待ちいただけますようお願い申し上げます」とファンに伝えた。

 同公演については、公演に参加したと思われるファンらのSNSに「ファンになって初めてあんな玉置浩二さんみた」「途中で玉置さんの体調不良で中止に…でも体が1番大切です」などと玉置の異変を伝える内容が次々と投稿され話題に。サポートメンバーの一人も「初日八王子いい感じで始まりましたが玉置の体調不良により途中中止となりました。きっと回復するから大丈夫」と投稿するも、ファンからは「静養して無事元気になってくれたらそれだけでいい」「中止にする決断も辛かったと思うけど、身体大事にして欲しい」などと心配の声が上がっていた。

 同ツアーの次回公演は12日の大阪・フェスティバルホール。11月18日の東京・かつしかシンフォニーヒルズモーツアルトホールまでの公演が予定されている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年8月7日のニュース