佐々木蔵之介「緊張と興奮」月9に初のレギュラー出演 フジ10月スタート「シャーロック」

[ 2019年8月7日 05:30 ]

初の月9ドラマ「シャーロック」に出演する佐々木蔵之介
Photo By 提供写真

 俳優の佐々木蔵之介(51)が、10月スタートのフジテレビ月9ドラマ「シャーロック」に出演することが決定した。月9にレギュラー出演するのは初めて。「今から緊張と興奮がない交ぜです」と期待に胸を膨らませている。

 ドラマは英国の小説家コナン・ドイルの名作「シャーロック・ホームズ」が原作のミステリー。ディーン・フジオカ(38)が主人公“シャーロック”を、三代目J SOUL BROTHERSの岩田剛典(30)が相棒“ワトソン”を演じる。

 佐々木は2人をかき回す刑事役。足手まといになったり手柄を横取りしたりするが、どこか憎めない役柄だ。「スリリングで危険な冒険の旅を、私もお二人と一緒に楽しみます」と意気込んでいる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年8月7日のニュース