AKB48矢作萌夏 初の写真集発売「指原さんは200冊買ってくれると…」

[ 2019年8月7日 19:01 ]

自身初写真集「自分図鑑」発売記念イベントに出席したAKB48矢作萌夏
Photo By 提供写真

 9月発売のAKB48最新シングル「サステナブル」でセンターを務める矢作萌夏(17)が7日、自身初の写真集「自分図鑑」(白夜書房刊)の発売記念イベントを東京・福家書店新宿サブナード店で行った。

 昨年5月に劇場公演デビューしたばかりながら、愛きょうあふれる性格と歌唱力など人気、実力両面でAKB48のホープと期待されている。1人で囲み取材に臨むのはこの日が初めてだったが、大勢の報道陣を前にしても「目が乾いちゃう…。でもありがとうございます」と、緊張する様子もなく笑顔を振りまいた。
 写真集は4月にインドネシア・バリ島で撮影した。「大人っぽい印象の写真が多いんですけど、大人っぽくなりすぎないように、ツインテール(をやりたい)という要望も聞いていただきました」。印象的な撮影や衣装を問われるたびに、ページをめくって報道陣に公開する大サービスぶりだった。
 今年1月には48グループ史上最速のデビュー8カ月でソロコンサートを開催した。ソロ写真集発売もデビュー1年3カ月の48グループ最速。次々と記録を塗り替える“最速女王”は、次に塗り替えたい最速記録を聞かれると、「第2弾写真集です。今回は16歳の写真集だったんですけど、成長のはざまで幼さが残ってる写真集なので、次は大人っぽい写真集にしたい」と意気込んだ。
 矢作は、4月にHKT48を卒業した指原莉乃(26)が、「大のお気に入り」と公言していたメンバーでもある。「指原さんは200冊買ってくれると言ってくれています。『り(了解の意味)』っていう返事がありましたけど、まだ(買ったという)報告はないです(笑い)」と、吉報を心待ちにしていた。
 7月には、表題曲初センターを務める「サステナブル」をテレビ初披露した。「いっぱい映るなって思いました。初めてセンターでシングルを歌わせていただくので、(テレビで)抜かれる時の表情ももっと研究していきたい。良くも悪くも、たくさん注目いただえたらうれしいです」とPRした。
 センター大抜てきには、姉の元SKE48矢作有紀奈も驚いているという。矢作は「『本店(AKB48)のセンターに入るのはやばい』って言っていました。デビューのころは『本店の選抜はやばい』と言ってたのに」と話していた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年8月7日のニュース