松井玲奈「バリバリ」だった反抗期…怒りに任せて壁をガーン!兄の部屋と「つながってしまった」

[ 2019年6月27日 20:39 ]

松井玲奈
Photo By スポニチ

 アイドルグループ「SKE48」の元メンバーで女優の松井玲奈(27)が27日放送のフジテレビ「VS嵐」(木曜後7・00)に出演。反抗期の壮絶なエピソードを明かした。

 嵐のメンバーとゲストチームがゲーム形式で対戦するバラエティー。映画「今日も嫌がらせ弁当」チームのメンバーとしての出演ということもあって、出演者の反抗期エピソードについて語られると、松井がぶっちゃけた。

 「私はバリバリ反抗期がありまして…」と切り出した松井。「中学生の時は部屋から出て来なかった」そうで、しびれを切らした母親が松井の部屋の扉を蹴り、穴があいたことがあったという。

 そして、それに腹を立てた松井は壁を「ガーン!って殴った」とか。かなり激しめな母子の対決。だが、その結果、壁にも穴があき、隣の兄の部屋と「つながってしまった」のだという。番組観覧者からはどよめきと悲鳴。嵐チームのプラスワンゲストとして出演していた「平成ノブシコブシ」吉村崇(38)も「今後一生敬語でお話しさせていただきます」とビビりまくっていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「ジャニーズ」特集記事

2019年6月27日のニュース