山里亮太&蒼井優が結婚会見 互いの呼び名は「優」「亮太」 告白は「僕と付き合ってみます?

[ 2019年6月5日 20:17 ]

結婚会見する山里亮太(左)と蒼井優、左手に指輪は無し(撮影・荻原 浩人)
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「南海キャンディーズ」の山里亮太(42)と人気女優の蒼井優(33)が5日、結婚を正式発表。同日夜に都内でツーショット会見を行った。

 山里は「お気づきの通り、ガチガチに緊張しています」と話し笑いを誘ってから「山里亮太、蒼井優はですね。先日6月3日に入籍させていただきました。本日はどうぞよろしくお願いいたします」とあいさつした。

 司会から2人が知り合った経緯について話が及ぶと、山里は「共通の知人である、しずちゃんと蒼井さんが映画で一緒になったときから親しくなって。僕のことを紹介していただき、3人で食事をすることがありました。その後、2人で食事するようになり、このような形になりました」と報告した。

 蒼井は結婚を決めた理由について「お付き合いさせていただくときから、結婚を前提ということだった。そういうふうに思えたのはいくつか理由がありますが、一緒にいてしんどいくらい笑わせてくれる。人に対しての感動することと許せないことのレベルが一緒だったり、金銭感覚が似ていること。あと、冷蔵庫をすぐに閉めること。あと優しい」と答えた。

 交際の告白は「“蒼井さん、僕と付き合ってみます?”と。何を上から目線でと思われるかもしれませんが、“付き合ってください”という自信がなくて…」と山里。蒼井は「“はい”と。その後、その日の内に(山里から)“結婚を考えています”というようなことを」とやり取りを明かし、山里は「めちゃくちゃ嬉しかったです。夢かと思いました」と振り返った。

 2人の呼び方を聞かれると山里は「私は“優”と呼んでます」と返答。蒼井は「私は“亮太”って呼んでます」と笑顔で答えた。
 スポニチ本紙などが2人の結婚を報道。交際期間はわずか2カ月で、3日に都内の区役所に婚姻届を提出した。山里の相方で蒼井の親友でもあるしずちゃん(40)がキューピッドだった。この日、山里は「天の声」を務める日本テレビ系「スッキリ!!」(月~金曜前8・00)に生出演。「すっぱ抜かれた~」と話してスタジオ出演者の笑いを誘った。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2019年6月5日のニュース