安住紳一郎アナ 初のトーク番組司会 東京五輪トップアスリート招く

[ 2019年6月5日 07:00 ]

新番組で司会を務める安住紳一郎アナウンサーとアシスタントの山形純菜アナ
Photo By 提供写真

 TBSの安住紳一郎アナウンサー(45)が、初めてトーク番組の司会を務める。7月6日スタートの同局「東京VICTORY」(土曜前7・00)で、来年の東京五輪・パラリンピックに向けた新番組。トップアスリートをゲストに招く“安住の部屋”だ。

 東京五輪での活躍が期待される選手たちの魅力を伝える番組。「心技体の凄さ」「栄光と挫折」「意外な素顔」といったテーマで本音を聞き出す。安住アナは「あと1年に迫った状況で私自身も凄く楽しみ」と、アスリートと向き合うことを待ちわびている。

 看板アナの起用は、番組に対する局側の期待の大きな表れ。村口太郎プロデューサーは「安住アナとアスリートがどんな化学反応を起こすのか楽しみ」と話している。泉ピン子(71)や樹木希林さんら、芸能界の重鎮を硬軟織り交ぜた質問で攻略してきた安住アナの実力が生きる番組となりそうだ。

 「過去にインタビューしたアスリートの中には、怖いぐらいの人が何人かいました。いつも見ている俳優さんやタレントさんとは違う感じの印象を受けたこともありますので、そこをインタビューショーでお届けできたら」と力を込めた。

 主題歌はサザンオールスターズの「東京VICTORY」。桑田佳祐(63)が東京五輪開催決定を受けて書き下ろした一曲で、これをそのまま番組タイトルに使用した。

 初回ゲストはスポーツクライミングの楢崎智亜、野口啓代。番組アシスタントは山形純菜アナ(24)が務める。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年6月5日のニュース