石野卓球 覆面被ってライブイベント会場入り 報道陣の質問には無言

[ 2019年6月5日 19:55 ]

獣神サンダーライガー風の覆面を被ってライブ会場入りする石野卓球(撮影・岸 良祐)
Photo By スポニチ

 麻薬取締法違反の罪に問われた、ピエール瀧(本名・瀧正則)被告(52)の初公判が東京地裁で行われた5日、音楽ユニット「電気グルーヴ」の相方、石野卓球(51)が「渋谷ストリームホール」で開かれたライブイベントに出演した。

 獣神サンダーライガー風の覆面を被った石野は、関係者が運転するレンタカーの助手席に座り、開演のおよそ40分前の午後7時すぎに会場入り。

 集まった報道陣には一切口を開くこと無く足早に会場へと向かった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年6月5日のニュース