錦織圭 全仏オープン、ナダルとの準々決勝6・8%!深夜も異例の高視聴率

[ 2019年6月5日 10:20 ]

第3セット、懸命なプレーを見せる錦織圭(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 テニスの全仏オープンで、第7シードの錦織圭(29=日清食品)が、第2シードのラファエル・ナダル(33=スペイン)に挑んだ4日の男子シングルス準々決勝を中継したテレビ東京(後10・54)の平均視聴率が6・8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが5日、分かった。同時間帯の前4週平均3・1%の倍以上の高視聴率を叩き出した。

 試合は、11度の優勝を誇るナダルに1―6、1―6、3―6のストレートで敗れた。第2セットまで7度あったサービスゲームで6度もブレークを許し、第3セット2―4とリードされた時点で、空を厚い雲が覆ったため中断。直後に激しい雷雨に見舞われ、再開は約1時間10分後。そこから、わずか10分で仕留められた。1月の全豪の準々決勝に続き、8強で敗退。日本男子として1933年の佐藤次郎以来86年ぶりの4強進出を逃した。

 テレビ東京は全仏オープンを地上波独占放送。3日午後8時から放送した錦織の4回戦、世界38位のブノワ・ペール(30=フランス)とのフルセットの戦いは平均視聴率10・1%。同時間帯の前4週平均4・9%から5・2ポイント上昇していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年6月5日のニュース