さくら学院から3人卒業 生徒会長・新谷「心に寄り添える芝居できる女優に」

[ 2019年3月31日 05:30 ]

神奈川県民ホールで卒業公演を行った「さくら学院」のメンバーら
Photo By 提供写真

 アイドルグループ「さくら学院」が30日、神奈川県民ホールで卒業公演を行い、メンバー3人が卒業した。

 義務教育期間の活動のため、中3の新谷ゆづみ(15)麻生真彩(15)日高麻鈴(15)が卒業。生徒会長の新谷は「誰かの心に寄り添えるような芝居ができる女優になりたい」。日高の夢はミュージカル女優で「大好きな歌で、劇場に来たお客さんの心を動かせるスーパーレディーになれるように頑張ります」と誓った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年3月31日のニュース