“缶詰の人”藤山扇治郎が明かす「まんぷく」舞台裏「テレビの編集ってすごい」

[ 2019年3月31日 18:19 ]

天水春伽(右)のコンサートに特別ゲストで参加した藤山扇治郎                  
Photo By スポニチ

 松竹新喜劇の藤山扇治郎(32)が31日、大阪市平野区内で行われた演歌歌手、天水春伽(57)の「里帰りコンサート」に特別ゲストで出演した。

 2人は旧知の仲で、扇治郎はステージ後半に登場。30日に放送を終えたばかりのNHk朝の連続テレビ小説「まんぷく」で“缶詰の人”として出演していた扇治郎に、約200人の客席も大喜びで「出演シーンは全部1日で撮り終えたんです。さすがNHKさんというか、テレビの編集ってすごいですね」などと舞台裏を明かした。

 天水は01年にNHKのど自慢大会で優勝したのを機に03年にデビュー。関西を中心に活動してきたが12年に乳がんが見つかり、一時は休業を余儀なくされた。復帰後は乳がんへの正しい知識を広める「ピンクリボン運動」に参加するなど、歌手活動のかたわら啓発イベントにも積極的に参加している。

 天水は約20年前に同区に住んでいたことがあり、この日は無料でのコンサート。「いろんな方のおかげで“里帰りコンサート”ができうれしい限り」と感激していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年3月31日のニュース