AKB矢作萌夏、初のレギュラーMCに緊張?周囲からは「モンスターって言われるんです」

[ 2019年3月31日 11:45 ]

AKB48・矢作萌夏
Photo By スポニチ

 AKB48のエース候補・矢作萌夏(16)が4月7日からフジテレビのバラエティー番組「ミライ☆モンスター」(日曜前11・15)にMCとして出演する。

 矢作が単独でバラエティー番組にレギュラー出演するのは初めて。初収録後に各メディアの取材に応じ「緊張すると話せなくなるタイプなんですけど、そういう自分を切り捨てて、思ったことは言っていこうと思っています」と決意を示した。

 MCは、タレントの関根勤(65)と、3月31日にAKB48グループ総監督を退任する横山由依(26)とのトリオ。矢作は「関根さんは大御所だけれど、柔らかくて、優しくてホッとしました」と笑顔。横山には収録前に「緊張してる?」と聞かれ「緊張してます」と答えると「ウソやん!?」と言いながら手を握ってくれて安心して本番に臨めたという。

 番組に「ミライ☆モンスター紹介人」として新たに加わる俳優の磯村勇斗(26)は矢作について「話を振ると、どんな話が返ってくるか読めない。まさにモンスター」と評価。矢作は「ふだんから、周りから“モンスター”って言われるんです。もっと可愛い生き物に例えてほしい。指原(莉乃)さんに近づいていくと“出た!”とか言われる。ちょっと、悲しいけど…。でも、うれしい」と笑った。

 番組では「未来に輝く金のタマゴたち」を紹介。「私も若いんですけど、若者のパワーを吸収していきたい」と目を輝かせた。

 ◆矢作 萌夏(やはぎ・もえか)2002年(平14)7月5日生まれ、埼玉県出身の16歳。今年1月11日の「48グループ歌唱力No・1決定戦」で2位。同16日に東京ドームシティホールで初のソロコンサートを開催。3月13日発売のAKBのシングル「ジワるDAYS」で初の選抜入りを果たした。
 

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年3月31日のニュース