辻&加護「W」13年ぶり共演 「双子みたいと言われた感覚を取り戻せた」

[ 2019年3月31日 05:30 ]

約13年ぶりにステージで競演した辻希美(右)と加護亜依はユニット「W(ダブルユー)」時代の決めポーズで笑顔
Photo By 提供写真

 元「モーニング娘。」の辻希美(31)と加護亜依(31)が30日、千葉・幕張メッセで行われたイベント「ひなフェス」で、約13年ぶりにステージで共演した。

 00年加入の同期で01年には「ミニモニ。」を結成し、04年には初コンビ「W(ダブルユー)」を組んだ。加護が07年に2度の未成年喫煙で解雇され、そろい踏みは06年1月の横浜アリーナ公演以来。加護が「久しぶり!」と呼び掛けると大声援が起きた。加護は涙で歌えなくなり、辻に励まされて歌唱する場面も。辻は「双子じゃないのに双子みたいと言われた感覚を取り戻せた」と笑顔。最後は加護も「楽しかったです。ありがとう!」と満面の笑みを浮かべた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年3月31日のニュース