宇垣アナ TBS退社に「まだ実感なくて…」今後は「できることは何でも挑戦したい」

[ 2019年3月31日 11:59 ]

TBSを退社する宇垣美里アナウンサー
Photo By スポニチ

 3月いっぱいでTBSを退社する宇垣美里アナウンサー(27)が31日、同局「サンデー・ジャポン」(日曜前9・54)に生出演。4月からフリーとして活動する意気込みを語った。

 局アナとして最後の仕事に「お世話になった方とかが挨拶に来てくれて今日で終わりなんだって思ったんですけど、まだ実感がなくて、帰った後に実感するのかなって思います」と宇垣アナ。続けて「4月以降は雑誌とか、イベントの仕事が入っていて、旅行にもいっぱい行きます」と退社後の予定を明かした。

 田中みな実(32)がフリーに転身後、役者としても活躍している事を受け、MCの田中裕二(54)から「ドラマみたいな仕事の話が来たらどうしますか?」と問われると「せっかくある意味アナウンサーという肩書が取れたので、できることは何でも挑戦していきたいと思っています」と前向きに語った。

 また、番組では宇垣アナの母親がテレビ初出演。インタビューに答え「今まで育ててくださった方、これから応援してくださるであろう方に常に感謝の気持ちを忘れずにしっかりとお仕事してほしいと」と娘へメッセージを送った。フリーになることは「ヤフーニュースで知りました」と話すと、宇垣アナは「年が明けたらフリーになることを言おうと思ってたんですけど、先に報道が出てしまって」と釈明していた。

 宇垣アナは同番組に昨年7月からリポーターとして出演。コスプレやグラビア、オタク系女子と“異色の存在”として人気を博した。4月からは米倉涼子らが在籍する「オスカープロモーション」に所属する。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年3月31日のニュース