サザン新曲で新元GO! 時代またぐ40周年ツアー幕開け 「震災忘れない」宮城で

[ 2019年3月31日 04:00 ]

宮城・セキスイハイムスーパーアリーナで40周年ツアーをスタートさせたサザンオールスターズ。ボーカルの桑田佳祐
Photo By 提供写真

 ロックバンド「サザンオールスターズ」が30日、宮城県利府町のセキスイハイムスーパーアリーナで40周年ツアーをスタートさせた。昭和に生まれたサザンの歴史をたどる36曲で9000人を魅了。平成から新元号へと時代をまたぐ6月までのツアーで、記念イヤーを締めくくる。

 冬に逆戻りしたかのように雪が舞った宮城。午後6時の開演時は気温1度。そんな空気を桑田佳祐(63)が熱気へと変えた。「東北、宮城、元気ですか?帰ってきました!」。歓声や手拍子、雄叫びで迎えられ「僕らは東北が一番好き。ほかはどうでもいい」とジョークを飛ばした。

 昭和から平成まで満遍なく選曲。デビュー2年目の79年「思い過ごしも恋のうち」や平成元年(89年)のシングル「女神達への情歌」、昨年の「闘う戦士(もの)たちへ愛を込めて」などで歴史をたどる。93年の「ゆけ!!力道山」では、昭和の人気レスラーがビジョンに登場した。

 「東日本大震災を忘れない」という思いから、開幕の地に選んだ。この会場は11年3月11日以降、しばらくは遺体安置所だった。半年後の9月、震災後初めて行われたライブが桑田のソロ公演。自身も食道がん手術からの復帰公演だった。復興と復帰を誓った場所で、平成史に残る自然災害を風化させないとの思いを新たにした。

 新元号でも走り続ける。原由子(62)は「これからも元気に楽しくサザンを続けられたら」とその思いを口にした。中盤には新曲のバラード「愛はスローにちょっとずつ(仮)」を初披露。発売となれば新元号になってからだ。桑田は「ツアーでこの曲を育てたい」と話し、この曲と新時代に突入する。

 3時間の熱演。「新元号に変わりますけど、元気に頑張っていただきたい。東北、バンザイ!」と桑田。力強くもろ手をあげて締めた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年3月31日のニュース