吉本坂46売り上げランク 小寺真理ぶっちぎり優勝に感無量「ダンスもできず…」

[ 2019年3月31日 18:14 ]

吉本坂46のデビューシングル「泣かせてくれよ」の売り上げコンテストで1位に輝いた小寺真理
Photo By スポニチ

 吉本坂46の35人が31日、京都市内でミニライブを開催。3000人のファンを前にファーストシングル「泣かせてくれよ」など5曲を披露。ベテラン・村上ショージ(63)も「バーボンソーダ」をソロで熱唱した。

 ライブの後、「泣かせてくれよ」の売り上げコンテスト表彰式があり、中間発表でずっと1位だった吉本新喜劇の小寺真理(27)がぶっちぎりで優勝。ハワイ旅行の賞品をゲットした。「泣かせてくれよ」のCDジャケットはセンバツメンバー16人の映像版1種類と、46人個々のソロ写真が使用されている通常版の計47種類あり、その売り上げ枚数で小寺が4696枚を売り上げ、2位に約1400枚の差をつけた。小寺は「ダンスもできず、1位になれるなんて思ってもみなかった」と感無量の面持ちだった。最下位は中間発表通り野沢直子(56)だった。

 また、ライブの最後に4月1日に発表される新元号の話題になり、ガンバレルーヤ・よしこ(28)が「“小雪”です」と得意の女優・小雪(42)のモノマネで笑わせ、ココリコ・遠藤章造(47)は「木浪がいい。阪神ドラフト3位。木浪元年です」と阪神ファンらしく?予想。エハラマサヒロ(36)、おばたのお兄さん(30)らもギャグを絡めて予想を笑いに替えた。

 ライブ後、サプライズ発表があり、吉本坂46の46人全員がSFアクションシリーズ最新作「メン・イン・ブラック:インターナショナル」(6月14日日米同時公開、F・ゲイリー・グレイ監督)の「MIB日本支部」エージェントに任命された。“MIB”は黒いサングラスとスーツがトレードマークで、地球上に潜伏するエイリアンの監視、取り締まりが任務の秘密組織。次長課長の河本準一(43)は「よしもとにはたくさんのエイリアンがいます。まずはジミー大西さんを捕まえます」と笑いで締めくくった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年3月31日のニュース