清原和博氏 薬物依存症の怖さ語る 逮捕から3年…初の公の場

[ 2019年3月7日 05:30 ]

特別トークセッションに参加した清原和博氏(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 元プロ野球選手の清原和博氏(51)が6日、都内で開かれた依存症に関する啓発イベントに出演した。2016年2月に覚せい剤取締法違反(所持)容疑で現行犯逮捕されて以来、初めての公の場。薬物依存症の治療に取り組む自身の体験を踏まえて依存症の怖さや、周囲の理解と協力の重要性を語った。

 イベントは厚生労働省が主催。プログラムの最後にサプライズゲストとして紹介された清原氏は、丸刈り頭にスーツ姿、現役時代のようなガッチリとした体形で登場し、医師と約5分間のトークセッションに臨んだ。出演依頼を受けた理由を「コツコツと治療を続けてきたことが、厚生労働省に認めてもらえたと思うとうれしい。自分のように苦しんでいる方のためになれば」と説明。「薬物は一時的にやめられても、続けるのは難しい。勇気を出して専門の病院に行ってほしい」と呼び掛け、180人の参加者から拍手を浴びた。

 清原氏は16年5月に懲役2年6月、執行猶予4年の有罪判決を受けた。逮捕から3年が過ぎた現在も、2週に1度の治療を続けているという。「薬物を使うためにうそを続け、自分を追い詰めていた。一番変わったのは、身近な人に正直に言えるようになったこと」。同年12月には本紙の取材に「今日も勝ったぞ、明日も頑張ろうという毎日の積み重ね」と語った通り、地道に治療に取り組んでいる様子をうかがわせた。

 【清原氏の経過】

 ▼2016年2月2日 警視庁が東京都港区の自宅を家宅捜索。覚せい剤取締法違反(所持)容疑で現行犯逮捕

 ▼23日 同容疑で起訴される。使用容疑で再逮捕

 ▼3月17日 保釈金500万円で保釈され、医療施設に入院

 ▼5月17日 初公判で起訴事実を認める

 ▼31日 判決公判で懲役2年6月、執行猶予4年の有罪判決を受ける。保護観察はつかず

 ▼6月15日 判決確定

 ▼12月 本紙インタビューに応じる

 ▼2018年7月 著書「清原和博 告白」を出版

 ▼8月 全国高校野球選手権大会決勝を甲子園で観戦

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2019年3月7日のニュース