メッセンジャー黒田 生放送で新婚生活明かす、互いの呼び方は「“先生”と“黒田さん”」

[ 2019年3月8日 01:09 ]

メッセンジャーの黒田有
Photo By スポニチ

 19歳年下で大阪府在住の一般女性(30)と結婚したお笑いコンビ「メッセンジャー」の黒田有(49)がMCを務めるMBSテレビ「メッセンジャーの○○は大丈夫なのか?」(木曜後11・56)が7日、結婚発表を受けて収録から一部を生中継に差し替えて放送された。自ら「吉本興業唯一の有志」という落語家・月亭八光(41)が出演。芸人仲間から募った質問を紹介しながら、なれ初めなどについて鋭く突っ込んだ。

 出会いについてはロケ番組での休憩中、喫煙していた黒田を撮影にきた女性だったと明かした。後日、テレビ局スタッフから「デートしてたでしょ?」とあらぬ疑いをかけられ、さらに「フェイスブックに載ってましたよ」と指摘を受けた。

 「“きれいな子やから食事したら?”と言われて。フェイスブックでつなげてくれた」と黒田は感謝し、結婚のために10年ほど前から積み立てしていたとも告白した。

 「1カ月の金額?1万円くらいかな」とボケつつ、お互いの呼び名については「“先生”と呼んでる。元先生、美術の。自分は“黒田さん”」と新婚生活の一端を明かした。番組終了間際には「奥さんってこんなに保険の話をするの?」と苦笑いで締めた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年3月7日のニュース