なだぎ武、「ビバヒル」ディラン役ペリーさん死去に沈痛「ショック過ぎる。悲しい」

[ 2019年3月5日 09:47 ]

ディランに扮するなだぎ武
Photo By スポニチ

 米人気テレビドラマ「ビバリーヒルズ高校白書」でディラン・マッケイ役を演じた俳優のルーク・ペリーさんが4日、死去した。52歳。米メディアが報じた。訃報を受け、ディランのモノマネでブレークしたお笑いタレントのなだぎ武(48)は5日、自身のツイッターで「朝からショック過ぎる」「悲しい、、、ルーク、、、、」と沈痛な心境をつづった。

 ペリーさんは66年中西部オハイオ州生まれ。80年代に俳優デビュー、90〜2000年に放映されたテレビドラマ「ビバリーヒルズ高校白書/青春白書」でブレークした。2月27日に重い脳卒中を起こして緊急入院、昏睡状態が続いていた。

 なだぎはディランのモノマネで07年のR―1ぐらんぷりを優勝。翌08年はディランを“封印”し、「文化祭の出し物を決める高校生」のネタで連覇を達成した。2日にはツイッターで「ディラン・マッケイを演じるルーク・ペリーさんが病院に搬送されたというショッキングなニュースも耳にした。。この病気を早く乗り越え、また元気な姿で復活される事を、心より願っております」と入院中のペリーさんにエールを送っていた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年3月5日のニュース