交通事故で療養中の「バニラズ」長谷川プリティ敬祐が退院「必ず再び4人でステージに」

[ 2019年3月5日 21:41 ]

 4人組ロックバンド「go!go!vanillas」が5日、公式サイトを更新。交通事故による怪我の治療のため入院をしていたベーシスト・長谷川プリティ敬祐が4日退院したと発表した。

 長谷川プリティ敬祐は、昨年12月12日に東京都内を歩行中に大型車輌と接触し、都内の病院に緊急搬送。一時意識が戻らない状態が続いたが、12月下旬に意識が回復。その後、治療に専念していた。

 サイトでは「交通事故による怪我の治療のため入院をしていた長谷川プリティ敬祐が、昨日退院となりました。多大なるご心配をおかけしました皆様へ、まずはご報告させていただきます」と報告。

 「退院後には、メンバー全員で約3カ月ぶりのミーティングを行い、笑顔も交えながら直接言葉を交わし、改めてgo!go!vanillasの今後の活動に向けて、4人の結束を強く固めました」と記した。

 今後について「退院後も右腕の手術が予定されているなど、すぐに復帰できる状況ではありませんが、当面は自宅で療養をしながらリハビリに励み、チームも一丸となってプリティを支えながら、万全な状態での復帰を目指していきます。必ず再び4人でステージに立つ事を誓い、バンドは前に進み続けます」と誓った。

 長谷川本人もツイッターで「皆さんのお陰で退院する事が出来ました。本当にありがとうございます」と感謝。「120%の状態で戻るためにリハビリと手術を頑張ります。僕の世界一大好きなバンド、バニラズのライブがこれからも最高な空間であり続けるように、この先もどうか力を貸してください」と呼びかけた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年3月5日のニュース