内海啓貴 見つけた“舞台” 目指すミュージカルの伝道師

[ 2019年3月5日 10:00 ]

さわやかな笑顔を見せる内海啓貴(撮影・三島 英忠)
Photo By スポニチ

 【NEXT 次世代イケメン(15)】俳優の内海啓貴(24)は「テニスの王子様」「黒執事」などミュージカルを中心に舞台で着実に頭角を現している。

 「人前に立つ仕事をしたい」という漠然とした思いがあった高校時代、母親の後押しもあり芸能界に進むことを決意。武器になったのは歌だ。祖父母が経営していたスナックで幼少の頃から歌になじみ、オーディションでは安全地帯や徳永英明ら「シブい選曲」で道を切り開いた。

 2016年「テニスの王子様」で日吉若役を射止め「本番を重ねることでうまくなっていくのが分かるし、歌が生かせてお芝居で表現できる場所という目標を見つけました」と笑顔。4月には韓国映画「ONE DAY」を原作にした新作ミュージカル「いつか〜one fine day〜」(11〜21日、東京・シアタートラム)に挑む。

 映画やドラマの出演経験もあるが、まずは舞台で確固たる地位の確立を目指す。「皆、ミュージカルを映像化したディズニーが好きなわけですから、歌で表現することは好きなはず。もっと広めていきたいですね」。ミュージカルの伝道師として、さらなる飛躍が期待される。

 ◆内海 啓貴(うつみ・あきよし)1995年(平7)1月16日生まれ、神奈川県出身の24歳。昨年は「テニスの王子様」のほか本格文学朗読演劇シリーズ「こころ」などに出演。特技はギター、作詞・作曲、野球。1メートル76、血液型AB。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年3月5日のニュース