英バンド「プロディジー」K・フリントさん死去 49歳 自殺の可能性も

[ 2019年3月5日 05:30 ]

死去した「ザ・プロディジー」キース・フリントさん(AP)
Photo By AP

 英人気バンド、プロディジーのボーカル、キース・フリントさんが4日、英南東部エセックス州の自宅で死去しているのが見つかった。49歳。英BBC放送などが伝えた。死因は不明だが、バンドの公式インスタグラムは、フリントさんが自殺したとするメンバーの話を掲載している。

 プロディジーはテクノやロックを融合させた楽曲で世界的な人気を集めた。代表的なアルバムに「ザ・ファット・オブ・ザ・ランド」などがある。フリントさんは派手に逆立てた髪形がトレードマークで、英紙デーリー・ミラーによると、2006年にDJの日本人女性と結婚している。同バンドは公式ツイッターで「(彼は)真の開拓者であり、革新者だった」と追悼した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年3月5日のニュース