松居一代、マンハッタンの一等地に「キャッシュで」自宅購入へ「笑顔で前進いたしますね」

[ 2019年3月5日 22:22 ]

女優の松居一代
Photo By スポニチ

 女優の松居一代(61)が自身のYouTubeチャンネルに動画をアップ。ニューヨーク・マンハッタンで家を買うことを明かした。

 動画タイトルは「【速報】松居一代 マンハッタンでお家を買います!」。さらに「数々の試練を乗り越えて、松居一代はついに新しい人生へ出発します 一度の人生ですもの・・・笑顔で前進いたしますね」との言葉が添えられていた。

 動画の中での第一声は「久しぶりのYouTubeです。お越し下さってどうもありがとう」。続けて「まあ、人生はいろいろありましたがおかげさまで、すべて終わりました。たくさんご心配をいただきありがとうございました」と語った。

 松居は「さあ、ここからです。私の新しい人生は始まります」と前振りをして語リ出したのが“家の購入”。30年ぶりに訪れた米国で「ときめく物件に出会ってしまった」とし、米国の弁護士数名を代理人とし、丸4カ月交渉を重ねた結果、契約書にサインをするところまでこぎ着けたという。

 その家は「マンハッタンのど真ん中で、カーネギーホールの真ん前」と抜群の立地。眺望もよく、さらに「新築の物件」とあって、購入額も相当なもののようだ。

 今後の生活は「大好きな東京と、未来を賭けたマンハッタンのお家とを往復して楽しんでいきたい」とのこと。ブログや動画も継続予定で、ニューヨークからもアップしていくそうだ。

 動画の終盤では一部メディアで報道された仮想通貨によるトラブルについても言及。「私は仮想通貨からお金をいただいたって…とんでもありません。一円もいただいてませんよ。私が広告塔になんてなるはずがないじゃないですか?なる必要もないです。報道される前にはしっかりと調べてから報道していただきたい。切にお願い申し上げます」と、終始笑顔で訴えかけていた。

 最後は念を押すように「私のマンハッタンのお家も自分のお金で、そして現金、キャッシュで購入して参ります」と報告。これから空路、マンハッタンへ向かうことを明かした。

 松居はインターネット上の動画などで俳優の船越英一郎(58)を誹謗(ひぼう)中傷したとして名誉毀損(きそん)の疑いで書類送検。その後、不起訴処分となった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年3月5日のニュース