峯岸みなみ「人の顔色伺うタイプなので…」自分に正直な少女役は「カッコいい」 

[ 2019年2月27日 16:48 ]

「ミュージカル ふたり阿国」製作発表会に出席した峯岸みなみ
Photo By スポニチ

 AKB48の峯岸みなみ(26)が27日、都内で「ミュージカル ふたり阿国」(明治座、3月29日〜4月15日)製作発表会に出席した。峯岸は戦乱の世に突如現れ、ひときわ民衆を魅了する女芸人・阿国(おくに=北翔海莉)に憧れを抱くと同時に憎しみも抱き、のちに「二代目おくに」を名乗る少女・お丹を演じる。

 「初めて台本を頂いて読んだときは大変そうだな」と思ったという峯岸。劇中では様々なジャンルの音楽や初めての“能”にも挑戦するとあって、「新しいこととの遭遇」と思うと同時に「人々のいいところも悪いところも人生を描いた作品なので、たくさんのことを見た方に伝えられるのが楽しみ」と話した。お丹の生き方については「私が人の顔色伺う人間なので…。自分の気持ちに真っすぐ、正直に進んでいく姿がカッコイイ」と感じたそう。

 また、お丹が阿国に憧れるという点では、「役作りがいらないくらい、北翔さんがものすごく大きな存在で…。お丹と気持ちが重なるところがある」とし、舞台では「ひたすら北翔さんの背中を追いかけていきたい」と意気込んだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年2月27日のニュース