くっきー熱弁 105万円のギターに68年製高級バイク購入したワケは

[ 2019年2月27日 23:58 ]

MBSテレビ「メッセンジャーの○○は大丈夫なのか?」に出演の(左から)藤崎マーケット・田崎佑一、トキ、野性爆弾・くっきー、すっちー
Photo By 提供写真

 MBSテレビ「メッセンジャーの○○は大丈夫なのか?」(木曜後11・56)の28日放送に野性爆弾・くっきー(42)が登場。MCのメッセンジャー・黒田有(49)、あいはら雅一(49)らと爆笑トークを繰り広げる。

 アシスタントの大矢梨華子(22)は番組初登場。かつて女性アイドルグループ「ベイビーレイズJAPAN」で活躍していたが昨年9月に解散。黒田が「なんで解散したの?」と聞くと、大矢は「ちょっとそれは言えない」と話し、あいはらは「そんなん不祥事しかないやん」と突っ込んだ。大矢は「不祥事じゃない」と答え、吉本新喜劇座長のすっちー(47)は「だいたい、人間ガッって集まったらそんなんなるんですよ。新喜劇も…」と座長としての対応や、吉本新喜劇の4リーダー制についてを語る。

 「1本5万円する高級鉛筆を使っている人はどんな人なのか。きちんとその価値を分かった上で使っているのか」がテーマ。5万円の鉛筆はドイツの伯爵が経営する老舗ブランドで、22金のコーティングを施した逸品。実際に使う男性にどのような使い方をしているかなど調査。本当の価値を分かっているのか普通の鉛筆と5万円の鉛筆の違いを見極められるかADの描いた絵で検証する。

 スタジオでは、くっきーが「105万円のギターを買った。日本で流通しているのが2本くらい。欲しいものは借金してでも手に入れたほうがいい。あとバイク買いました。1968年製の」と購入した高級品について熱弁。また、すっちーは「座長になった時に、特番で『座長のイスがいるんちゃうか?』っていうノリになって20万円のイスを買いました。ベテランさんもいらっしゃるので偉そうに見えたらダメじゃないですか。だからチョコンと座ってます」と実情を話した。

 さらに、関西から東京へと進出する芸人本当に、東京での暮らしは幸せなのかをくっきーとかまいたち・濱家隆一(35)が調査する。家賃や収入などをチェック。藤崎マーケット・トキ(34)はが「東京の一発屋の人たちってそんなに給料変わらないって言いますよね。吉本の一発屋は地獄。8・6秒バズーカー、最近見たらガリガリ」。あいはらが「すっちーは座長になってからいい?」と尋ねると、すっちーは「やっぱり、いろいろ聞いてたら、額、安いなって思いますよ」と懐事情について話す。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2019年2月27日のニュース