出演者は全て女性 渋谷で舞台「エグ女2019」開幕、見どころは「女の汚さ」

[ 2019年2月27日 09:00 ]

舞台「エグ女2019」で女のエグさ、グロさを熱演した(左から)辰巳シーナ、石田安奈、佐倉仁菜(撮影・西川 祐介)
Photo By スポニチ

 出演者が全て女性の舞台「エグ女2019」(主催・スポーツニッポン新聞社、TBSラジオ)が26日、東京・渋谷のシブゲキで開幕した。

 女性たちが本音をあけすけに語るオムニバス物語。女優の上地春奈(38)、「仮面女子」元リーダーの桜のどか(28)、元SKE48の石田安奈(22)、「恵比寿マスカッツ」の辰巳シーナ(25)らがダブルキャストで出演。AV女優役の桜は「私にとって初舞台なので、お客さんに楽しんでもらえる作品にしたい」と抱負。バイセクシュアル役の辰巳は見どころを「女の汚さ」と強調した。3月3日まで。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2019年2月27日のニュース