TBS社長 人気アナの相次ぐ退社に「寂しい」 吉田、宇垣両アナにはエール

[ 2019年2月27日 16:04 ]

TBS社屋
Photo By スポニチ

 TBSが27日、東京・赤坂の同局で定例社長会見を行い、人気アナウンサーである吉田明世アナウンサー(30)、宇垣美里アナウンサー(27)が相次いで退社することについて、佐々木卓社長(58)が「寂しいという気持ちはもちろんあるんですが、仲間が幅を広げて戦っていくということは応援していきたい」とコメントした。

 看板アナの相次ぐフリー転身について率直な心境を問われた佐々木社長は「正直なところ、フリーになっても引き続き頑張ってほしいと思っています」と2人にエール。「大変人気があるし、上手なアナウンサー。寂しいという気持ちはもちろんあるんですが、仲間が幅を広げて戦っていくということは応援していきたい」と語った。

 吉田アナは1月いっぱいで退社済み。現在は他局のバラエティー番組に出演するなど活躍の場を広げている。宇垣アナは入社5年目で、学生時代に「ミスキャンパス同志社」グランプリに輝いた美貌の持ち主。リポーターを務める「サンデージャポン」ではアニメのコスプレ姿や歯に衣(きぬ)着せぬコメントでファン層を拡大中。3月いっぱいで退社する。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2019年2月27日のニュース