渡辺新王将 復位から一夜明け「長く在位するのが目標」

[ 2019年2月27日 05:30 ]

4連勝でタイトルを獲得した渡辺新王将は沖縄の伝統芸能ちょんだらーの姿でジャンプ(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 第68期王将戦7番勝負(スポーツニッポン新聞社、毎日新聞社主催)第4局に勝ち、王将位に復位した渡辺明新王将(34)が対局から一夜明けた26日、対局場となった沖縄県那覇市の「琉球新報本社ビル」内でインタビューに応じた。

 5期ぶりの王将返り咲きで「久しぶりなのでうれしい」と言いながらも「前回は2期で終わったので、2度目はそれよりも長く在位するのが目標です」と語った。今回、久保利明九段(43)を破って王将、棋王の2冠になった渡辺は、最年長のタイトルホルダーに。追われる立場になることから、沖縄の伝統的な踊り「エイサー」の先導役・ちょんだらーに扮し、将棋界を先導していくことを誓った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2019年2月27日のニュース