芦田愛菜 アニメ映画「海獣の子供」で声優、同じ14歳の主人公役

[ 2019年2月27日 04:00 ]

映画「海獣の子供」の声優を務める(左から)石橋陽彩(海)、芦田愛菜(琉花)、窪塚愛流(空)。下の原画の役柄を務める
Photo By 提供写真

 女優の芦田愛菜(14)が、アニメ映画「海獣の子供」(6月7日公開)で主人公の声優を務める。五十嵐大介氏の同名漫画の映画化。他人とうまく接することができない中学生の少女・琉花が、ジュゴンに育てられた2人の少年、海と空に出会うファンタジー。芦田は「“命の始まりってどこにあるのだろう。自分の存在意義って何だろう”と、同じ14歳の琉花を一緒に考えたり、知りたいと思いながら演じさせていただきました」と振り返った。

 共演者も同世代の中学生俳優。海をディズニー映画「リメンバー・ミー」で主人公の声を務めた石橋陽彩(ひいろ、14)、空を窪塚洋介(39)の長男・窪塚愛流(あいる、15)が務める。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2019年2月27日のニュース