村上弘明、大腸がん手術していた フジ番組で公表 すでに快方へ

[ 2019年1月30日 05:00 ]

大腸がんで手術を受けていたことが分かった村上弘明
Photo By スポニチ

 俳優の村上弘明(62)が大腸がんで闘病していたことが29日、分かった。所属事務所によれば、村上は病院での検査で昨年2月に初期の大腸がんが見つかり、転移などもなかったことからすぐに手術を受けた。幸い予定されていた仕事を休むこともなく、術後の経過も順調だったという。

 その後も体調は良好で、TBSの2時間ドラマの主演シリーズ「警視庁南平班〜七人の刑事〜」などの撮影に臨んだ。村上はきょう30日放送のフジテレビ「梅沢富美男のズバッと聞きます!」(後10・00)に、元モデルの妻・都さん(50、旧姓田島)と出演。夫妻への密着映像とともに、スタジオで闘病の経過などを初告白する。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年1月30日のニュース