松本人志 生放送中に出血もコント続行「浜田がアドリブで俺の頭をつかんで…」

[ 2018年12月16日 11:31 ]

「ダウンタウン」の松本人志
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志(55)が17日放送のフジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)に出演。生放送中のハプニングについてエピソードを語った。

 番組では、韓国のテレビ番組の生放送で鼻血が出ているにもかかわらずそのまま番組を進行したキャスターを取り上げた。

 生放送中のハプニングについて問われた松本は「取り調べのコントをやっていて。僕が犯人で浜田が『吐け、吐け』って刑事役だった」と切り出し、「あいつがアドリブで急に俺の頭つかんで机にバンッてやった。机の上にボールぺンがあって、寝ているボールペンでも、さすがにバンッといかれたので、ここ(でこ)から血がタラーッて」と告白。「だから、もう全部吐きましたよね」と話を落とした。

 その後は「止めずにやったと思います」とコントを続行したといい、「芸人の性なのか。こっちは血を出さされた方やのに、本当に申し訳ないって感じになって。あの時の『血が止まれ!』って意識はボクサーより強かった」と笑いを誘っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年12月16日のニュース