指原卒業発表 ブスキャラ、元ファンと交際…逆境をプラスに変え頂点へ

[ 2018年12月16日 08:30 ]

HKT48 指原莉乃 来年4月に卒業

HKT48卒業を発表した指原莉乃
Photo By 提供写真

 指原は08年にAKBの正規メンバーとなった。09年のAKB総選挙では27位で、中心的存在とは遠かった。ところがアイドルとしては当時画期的だった「ブスキャラ」を前面に押し出すことで存在感を徐々に増し、イジられポジションとして知名度を獲得。総選挙でも10年19位、11年9位、12年4位と躍進した。

 12年の総選挙直後、またもアイドルとしてのタブーである元ファンとの交際が報じられ、HKT48に“左遷”。万事休すと思われたがここでも逆境をプラスに変え、真摯(しんし)な活動で福岡のファンを開拓。バラエティー番組でも活躍を続け、13年の総選挙で初めて1位になると15〜17年に史上初の3連覇。AKBグループの女帝に上り詰めた。

 ◆指原 莉乃(さしはら・りの)1992年(平4)11月21日生まれ、大分県出身の26歳。2007年10月、AKB48研究生オーディションに合格。12年にはスキャンダルを受け、HKT48への移籍を命じられるが、翌年の総選挙で1位に輝く。15年の総選挙では公約で「1位になったら水着でコンサート」を掲げ、見事1位を獲得し有言実行。1メートル59、血液型O。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年12月16日のニュース