misonoの夫・Nosuke「精巣がんによる胚細胞腫瘍」での闘病を公表

[ 2018年12月16日 07:37 ]

歌手のmisono
Photo By スポニチ

 体調不良のための活動を休止している、歌手・misono(34)の夫でプロドラマーのNosuke(29)が16日、自身のブログを更新。「精巣がんによる胚細胞腫瘍」のために闘病中であることを明かした。

 所属するロックバンド「HighsidE」の公式サイトで、年内の活動休止を発表し、その後、9日に開設したブログで活動休止を来春まで延長することを伝えていたNosuke。この日のエントリーでは、「当初は胃が少し荒れて硬直してるんだなくらいに思ってました」としたが、採血、尿検査、CT撮影、胃カメラなどの診察の結果、担当医から「精巣癌による胚細胞腫瘍が胃の下にあります。直径おおよそ15センチ。とても大きいです」と告げられたと明かした。

 「ん?聞き違いか?『HighsidE腫瘍?』『いえ、ハイサイボウ腫瘍です。』『あぁ、HighsiboW!ややこしい!』なんて言いながらそこから詳しくこの病気の事について、そしてどう治療をしていくかについてお医者様に聞きながら家族と相談し、現在に至ります」と、検査から診断結果、さらに今回の発表に至るまでの経緯を、きわめて明るく記述。続けて「もしかしたら今同じ状況で戦っている人がいるかもしれないし、まだ検査もしていない方に読んで頂くことがあるかもしれません」と呼びかけた。

 「もちろん回復に向けて闘病しているのですが、どうなるかなんてわからないので日頃の状況と治療過程、そして今の気持ちなんかを書き綴っていきたいと思います」と前を向いたNosuke。現在は「基本病室から出られない」としながらも、misonoがYouTubeチャンネルを開設したことに触れ「重度のYouTube中毒者なので楽しみが増えました。misonoさんありがとう」と、ユーモアを交えて妻への感謝の言葉を記した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「純烈」特集記事

2018年12月16日のニュース