宮野真守「ええで!」 ファンタビ応援上映で“胸キュンシーン”再現

[ 2018年12月16日 15:31 ]

大阪市内で舞台あいさつした宮野真守
Photo By スポニチ

 人気声優の宮野真守(35)が16日、大阪市内で上映中の映画「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」(監督デイビッド・イェーツ)の舞台あいさつに出席した。

 11月23日に公開され観客動員300万人突破、興収も間もなく45億円に達する大ヒット。この日は、上映中に拍手や掛け声なども許される観客参加型の「応援上映」が実施された。日本語吹き替え版で主人公ニュートの声を担当した宮野はハイテンションで登場し、「ファンタビ好きですかー!」と呼びかけ、盛り上げた。 

 今回の応援上映では関西弁でのツッコミも推奨されていると知ると、「“危ないで〜、はよ逃げ!”って、ニュートに呼びかけるの?ほんとに?」と爆笑した。また、劇中の“胸キュン”シーンを観客との掛け合いで再現したい、という司会者の提案には「ええで」と関西弁で快諾。観客に演技指導した後に再現が成功すると、「すごい、なんかラブ・ロマンス!」と大満足の表情だった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年12月16日のニュース