くっきー「笑ってはいけない」仕掛け人の苦労明かす 超長い待ち時間、過酷な待機場所…

[ 2018年12月16日 14:29 ]

白塗りで「ダウンタウン」浜田雅功に扮してイベントに登場した「野性爆弾」のくっきー
Photo By スポニチ

 「野性爆弾」のくっきー(42)が16日、都内で「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時」ブルーレイ・DVD発売&大晦日特番放送決定記念イベントにゲスト出席した。

 今年も大みそかに放送される「絶対に笑ってはいけない」に出演するくっきーは、仕掛け人の苦労について語った。

 「(収録には)けっこう早めに入るんですが、待ち時間がえげつない。2000ピースのパズルもすぐつくれちゃう」。スタッフはあわただしく動いていて、「くっきーさん、白塗りやってください、と言われてすぐ準備すると、そこから3時間」と、とにかく待ち時間が多い現場だと明かした。

 また、「(ダウンタウンら出演者に)見られたらあかんということで、通路とかは全閉じ。(待機しているのは)やべーところ。つららができるようなところ」と過酷な環境での収録を吐露。

 これには同席していた「ココリコ」の田中直樹(47)と遠藤章造(47)が「○○アウト」の声でおなじみのよしもとクリエイティブエージェンシーの藤原寛社長に「改善してあげてください」と直訴。藤原社長は「努力します」と答えた。

 この日、白塗りで「ダウンタウン」浜田雅功(55)に扮して登場したくっきーは、「ココリコ」の田中に「全然、浜田さんじゃないけど、浜田さんじゃなくもない。加減がちょうどいい」と称賛。くっきーは「似すぎていたら歓声が上がる。あえて落としている」とドヤ顔。しかし、ジーンズにシャツ・インしたくっきーの姿は、「僕らの知っている浜田さんではない」との指摘も。また遠藤も「浜田さんのヒット曲“WOW WAR TONIGHT”をここまでけっちょんけちょんにイジれたり、大先輩の奥さん、小川菜摘さんを“メスゴリラ”と呼べたりするのもくーちゃんの人柄です」と語った。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年12月16日のニュース