「セサミストリート」ビッグバード“中の人”が引退、84歳

[ 2018年10月19日 05:30 ]

ビッグバードを演じるキャロル・スピニーさん=1970年代前半(Robert Fuhring氏撮影、セサミ・ワークショップ提供)
Photo By 共同

 米国の幼児向け教育番組「セサミストリート」を制作する非営利団体「セサミ・ワークショップ」は17日、1969年の番組開始以来、人気キャラクターのビッグバードを着ぐるみの中に入って演じてきた役者キャロル・スピニーさん(84)が引退すると発表した。

 米紙ニューヨーク・タイムズ電子版によると、スピニーさんは年を重ねて体が思うように動かなくなり、2015年からは声のみの出演になっていた。スピニーさんは「役は降りるけど、これからもビッグバードであり続けるような気がしている」と話しているという。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2018年10月19日のニュース