紅蘭、出産間近でも入籍しない理由「3年前に弟が他界して…」

[ 2018年10月19日 17:02 ]

タレント・紅蘭
Photo By スポニチ

 俳優・草刈正雄(65)の長女でダンサーの紅蘭(29)が17日放送のフジテレビ「梅沢富美男のズバッと聞きます!」(水曜後10・00)に出演。ラッパーのRYKEY(30)と事実婚状態にある理由を赤裸々に語った。

 紅蘭は昨年11月にラッパーのRYKEY(30)との交際を告白し、今年7月に第1子妊娠を発表。しかし、現在妊娠8カ月になるが婚姻届を提出せず、事実婚状態となっている。

 理由を問われた紅蘭は「3年前に弟が他界しちゃったんですけど、『草刈』を継ぐのがいなくなっちゃうということをすごく感じて。私は絶対に草刈の名字をなくすのが嫌だった。今の彼ととかは関係なしに、父は母親だけの片親で育てられて、『草刈』が父だけで止まっている」と家庭の事情を説明。「私はどの人と結婚しても、草刈家に入ってもらうか別姓にするという思いがあった」と強い思いがあったことを明かした。

 父の反応を聞かれると、「言っていいのか分からないですけど、喜んでいました」と笑顔。「結婚式はあまり興味がなくて、ウェディングドレスも興味がないので、(お祝いは)パーティー程度ですかね」と今後の予定を語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2018年10月19日のニュース