理想の年下男子、ヤン・セジョンが初来日「みなたち、大好きです。愛してる」

[ 2018年10月19日 17:48 ]

「ヤン・セジョン 1stファンミーティング in JAPAN supported by TSUTAYAプレミアム」来日記者会見に登壇したヤン・セジョン
Photo By スポニチ

 韓国の注目の若手俳優ヤン・セジョン(25)が19日、都内で「ヤン・セジョン 1stファンミーティング in JAPAN supported by TSUTAYAプレミアム」来日記者会見に登壇した。ヤンの来日は初となる。

 ファッションモデルを経て、2016年に「浪漫ドクターキム・サブ」で俳優デビューを果たしたヤン。その後キャリアを順調に重ね、「愛の温度」で“理想の年下男子”を演じて大ブレークした。優しく微笑みながら登場したヤンは、「こんにちは、ヤンです。」と日本語であいさつ。

 続いて韓国語で「わくわくしていますし、期待しています。こんな僕に会いに来てくれてありがとうございます」とていねいにお辞儀をした。

 ブレークのきかっけとなったドラマにちなみ「いまの心の温度は?」と聞かれると「いまはだいたい120度」と答えるが、顔つきはとってもクール。「じつはものすごく緊張していてそれを隠しています」と明かした。

 日本滞在中はどんな食事をしたいかについては「キリン一番搾り生ビールが飲みたいです」と答えた。ドラマの撮影時に、監督から、「日本に行ったら生ビールを飲むといいよ」とすすめられたそうで、早速きのう一杯飲んだという。

 今回、ファンのために覚えきた日本語「みなたち、大好きです。愛してる」を披露し、じつはのほかにいくつか用意していと話してくれた。会見中、質問にマイクを使わず、話してしまうことがたびたびあった。少し緊張気味だったが、ずっとさわやかな笑顔を見せたまま会見を終了した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2018年10月19日のニュース