「吉田たち」FC大阪ファンに「大阪、半端ないって」ゴールパフォーマンスを提案

[ 2018年7月29日 18:23 ]

JFL・FC大阪対FC今治の試合前イベントに出演した「NMB48」の磯佳奈江(前列左)、山尾梨奈、(後列)お笑いコンビ「吉田たち」こうへい、ゆうへい
Photo By スポニチ

 「大阪府 SDGsスペシャルマッチ おおさかこどもデー」として開催されたJFL第4節・FC大阪対FC今治が29日、大阪・堺の「J―GREEN堺・メインフィールド」に双子の漫才コンビ「吉田たち」のゆうへい(30)、こうへい(30)、NMB48の磯佳奈江(24)、山尾梨奈(22)がゲストで登場した。

 「小学校から高校まで2人ともサッカー部だった」という吉田たち。試合前、スタンドのFC大阪ファンに向かって、選手のゴールパフォーマンスを提案した。W杯ロシア大会初戦のコロンビア戦で決勝ゴールを決めた日本代表FW大迫勇也選手(28)が高校時代の全国大会で、対戦した滝川二高主将が試合後に「大迫、半端ないって」と大迫を絶賛するフレーズを叫び、それが再び脚光を浴びたが「大迫〜」の部分を文字って、FC大阪選手がゴールした際には「大阪、半端ないって」と選手、スタンドが一体となるよう、ファンにプレゼン。大受けした。

 NMB48の磯は「7年間、やってました」と小中学校ではサッカー少女。小学6年時、DFとして全国大会ベスト8の経験もある。「京川舞ちゃん(INAC神戸)とチームメートでした。試合を観てるとプレーしたくなりますね」と興奮気味。山尾はサッカー観戦が趣味で「京都、セレッソ大阪を応援してます」と盛り上がっていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2018年7月29日のニュース