上沼恵美子 新人時代の有働アナの第一印象「邪魔くさい女」 その意味は?

[ 2018年7月29日 13:06 ]

タレントの上沼恵美子
Photo By スポニチ

 タレントの上沼恵美子(63)が29日放送の読売テレビ「上沼・高田のクギズケ!」(日曜前11・40)に出演。今年3月にNHKを退局した有働由美子アナウンサー(49)の新人時代に共演していたことを明かした。

 番組では有働アナが10月から日本テレビ「NEWS ZERO」(月〜木曜後11・00、金曜後11・30)のメインキャスターに就任することが話題に。上沼は「大学出たての頃かな。最初は大阪にいらっしゃったのよ」と共演経験を明かし、「子どもの教育番組で、有働さんが新人さんなのに、面白いことばかりを言えって振ってくるのよ。途中でうんざりして、『うるさいな、邪魔くさい女やな』って思ったの」と当時を振り返った。

 続けて「そんな雰囲気を醸し出しながら楽屋帰ったら『有働です。すみませんでした』って言いにきたことがありました」と語ると、高田純次(71)は「お嬢さんが嫌な顔したらすぐ分かりますもんね」と苦笑い。

 上沼は「何が言いたいかというと、嫌な女だったって言いたいわけじゃないんですよ。若い頃からやる気満々の人だったということですよ」とフリー転身を決断した有働アナのバイタリティーを称賛し、「印象はとてもいいですよ」と笑顔で締めくくっていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2018年7月29日のニュース