杉咲花“死神”ルキア役 実写版「BLEACH」

[ 2018年2月5日 05:00 ]

普段は女子高生として生活しながらも、主人公の一護と悪霊と戦うルキアを演じる杉咲花
Photo By 提供写真

 女優の杉咲花(20)が映画「BLEACH」(監督佐藤信介、7月20日公開)で、福士蒼汰(24)扮する主人公・黒崎一護(いちご)のパートナーとなる朽木ルキア役を演じる。

 原作は全74巻が累計9000万部を売り上げた同名タイトルの人気マンガ。死神という設定のルキアが、特殊な能力を一護に託して悪霊から人間を守るストーリー。

 杉咲は昨年度、映画「湯を沸かすほどの熱い愛」で新人映画賞を総なめにした演技派。刀を握りしめた死神姿と女子高生の姿を披露し「たくましくて純粋なキャラクターを、自分なりに調べ尽くして役作りしました」と手応えを感じている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年2月5日のニュース