有賀さつきさん死去 元夫・和田圭氏「私からは…」 前田忠明氏がやり取り明かす

[ 2018年2月5日 09:09 ]

先月末に亡くなっていたことが分かった有賀さつきさん
Photo By スポニチ

 元フジテレビアナウンサーの有賀さつき(ありが・さつき)さんが死去していたことが4日、分かった。52歳。スポニチ本紙の取材では1月末に他界。詳しい死因などは明らかになっていないが、昨年から闘病していたという。訃報を受け、5日放送のフジテレビ「とくダネ!」(月〜金曜後8・00)では小倉智昭キャスター(70)らが早すぎる死を悼んだ。

 小倉キャスターは「何度か仕事でご一緒していますが、ただ、あまりにも若すぎる。進行性の病気だったんでしょうかね」。有賀さんより1期先輩の笠井信輔アナウンサー(54)は「VTR見ても、新聞を見ても信じられません」と突然の訃報に肩を落とした。

 番組に電話出演した芸能リポーターの前田忠明氏(76)は、元夫でフジテレビ解説委員を務めた和田圭氏(65)とメールのやり取りをしたとし、「今朝、亡くなったことは間違いないという返事が来ました」。死因については「私のほうからは言えない」とし、「きょう(5日)の午後、親族の方から発表があります」と伝えられたという。

 番組では、06年6月の離婚会見の模様を紹介。小倉キャスターは「訃報があまりにも急だったものですから、有賀さんの出演番組はフジテレビにはいっぱいあるはずなんですけど、こういう離婚の会見の模様しか出せなかったのは残念」。笠井アナは「ただ、ここでの笑顔と話しぶりはさつきさんらしいなと思う」とフォローを入れた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2018年2月5日のニュース