有賀さん急死 同期・八木アナも知らず「さつきはそういうことを言わない人だから」

[ 2018年2月5日 08:11 ]

先月末に亡くなっていたことが分かった有賀さつきさん
Photo By スポニチ

 元フジテレビアナウンサーの有賀さつき(ありが・さつき)さんが死去していたことが4日、分かった。52歳。スポニチ本紙の取材では1月末に他界。詳しい死因などは明らかになっていないが、昨年から闘病していたという。訃報を受け、5日放送のフジテレビ「とくダネ!」(月〜金曜後8・00)では、同期の八木亜希子アナウンサー(52)の悲しみの声を伝えた。

 番組冒頭、小倉智昭キャスター(70)が「残念なニュースが入ってきたんですが、フジテレビのアナウンサーの有賀さつきさんが急死していたというニュースが入ってきました」と伝えた。笠井信輔アナウンサー(54)は「(有賀さんは)1つ下なんですけど、本当に、朝、スタッフからの電話で知ったんですけど」と突然の訃報に驚きを隠せない様子。

 有賀さんは1988年入社組の八木亜希子(現在フリー)、のちに横綱・貴乃花夫人となった河野景子(現・花田景子さん)とともに、人気を博した。笠井アナは「先ほど、八木さんと話したんですけど」と切り出し、「八木さんも知らなかったと。さつきはそういうことを言わない人だからねと。とても混乱して、何も言える状況でないということでした」と八木アナの気持ちを代弁した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2018年2月5日のニュース