PR:

元テレ朝アナが“整形疑惑”中傷記事で睡眠時無呼吸に?「つい見てしまう」

睡眠前に本を読む南美希子(C)TBS
Photo By 提供写真

 元テレビ朝日アナウンサーでフリーアナウンサーの南美希子(61)が、5日放送のTBS医療バラエティー「名医のTHE太鼓判!」(月曜後7・00)に出演。番組の密着の結果「痩せ型睡眠時無呼吸」と診断される。

 今回は「人生を変える正しい睡眠スペシャル」と題して、芸能人の睡眠事情を調査。検査で南の体に見つかった異変は肥満体型の人に多い「睡眠時無呼吸」だった。スマートな体型の南が症状を発症した原因の1つは「就寝前のスマホ」。番組に出演する医師によると、就寝前にスマホを使用する場合、大した照度ではなくても、周りが暗くなってから光を見ると、瞳孔に直接に光が入ってくるため、交感神経を緊張させてしまい、寝つきを悪くしてしまうという。

 このことを指摘された南は「整形とか書かれて、自分の記事をついつい見てしまう」と就寝前にスマホをいじる理由を説明。自身に対する誹謗中傷の記事のせいで、睡眠不足に陥っていることを告白する。

[ 2018年2月5日 09:00 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(芸能)

      ※集計期間:02月19日23時〜00時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル