PR:

「バイプレイヤーズ」名脇役、嵐に間違われた?おじさん萌えは「困る」「計算していない」

テレビ東京「バイプレイヤーズ〜もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら〜」の制作発表に出席した(左から)遠藤憲一、大杉漣、松重豊、光石研。中央はスケジュールの都合で会見を欠席した田口トモロヲのパネル
Photo By スポニチ

 名脇役たちが再び本人役で共演するテレビ東京の連続ドラマ「バイプレイヤーズ〜もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら〜」(7日スタート、水曜後9・54、全5話)の制作発表と試写会が5日、東京・六本木の同局で開かれ、遠藤憲一(56)大杉漣(66)松重豊(55)光石研(56)=アイウエオ順=が出席した。田口トモロヲ(60)はスケジュールの都合で会見を欠席した。

 約1年ぶりの復活となり、深夜枠(金曜深夜0・12)からプライム帯(午後7〜11時)に昇格。昨年1〜3月に放送された前作「〜もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら〜」に続き、遠藤、大杉、田口、松重、光石が出演。寺島進(54)はスケジュールが合わず、今作は休む。

 前回は、6人が共同生活を送る“おじさんだらけのテラスハウス”として話題に。今回は、テレ東制作の朝ドラ「しまっこさん」で共演することになった5人がロケ地を間違えて無人島に漂流し、サバイバル生活を送るというストーリー。

 オープニング映像で、黒のスーツに身を包んだ5人が海の中から出現。松重は「海から出てくるところを、地元の人たちが何を勘違いしたのか、キャーキャー言っているんですよ。“オレたち、嵐に間違えられているんじゃない?”と。光石さんが“オレはニノ(二宮和也)だな”と」と昨年11月に行われた撮影のエピソードを明かし、笑いを誘った。

 前作は“おじさん萌え”する視聴者が続出。松重は「聞くところによると、どうも若い女性とかが僕たちに萌えているみたい。萌えるという言葉を使うこと自体、僕ら抵抗があるんですが。僕ら今まで50年以上生きてきて、自分をかわいいと思って生きたことはないと思うんですよ。だから、そう言われても困ると思うし」としながらも「でも、それぞれチャーミングなところは当然ある。言葉にしろと言われたら、すごく抵抗がある。お客さんが勝手に萌えていただければいいのかな」と見解を示した。

 大杉は「皆さん、かわいいんですよ」とし、遠藤が第1話でハムスターと戯れる場面など「みんなが“触らせて”と一応、台本にはあるんですが、本当に触らせてほしかったんですよね。みんな素直にやって(かわいく見える)計算はしていないので」と明かした。

[ 2018年2月5日 18:43 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(芸能)

      ※集計期間:11月19日00時〜01時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル