阿部寛 インド映画出演を熱望「オファー待ってます」

[ 2018年2月5日 05:30 ]

「祈りの幕が下りる時」の大ヒット御礼舞台あいさつを行った(左から)桜田ひより、松嶋菜々子、阿部寛、溝端淳平、福澤克雄監督。
Photo By スポニチ

 俳優の阿部寛(53)が4日、都内で主演映画「祈りの幕が下りる時」の大ヒット御礼舞台あいさつに出席した。

 共演の溝端淳平(28)は、阿部の意外な一面を聞かれ「“インド映画に出たい”って言っていた。それがものすごく意外でした」。これについて阿部は「インド映画いいなと思う。あのお祭り感がいい。パワーがあるし、幸せな気持ちになる。ダンスはものすごい下手なんですが、あの異常なテンションに挑戦してみたいって憧れがある」と魅力を力説。「オファー待ってます」と続けて笑いを誘った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「純烈」特集記事

2018年2月5日のニュース